中学時代の淡い思い出というべきか。

私は、小学生の時から女性に全くと言ってよいほどご縁がなく、小学生、中学生、高校とそして大学生になっても彼女すらできないような男でした。
当然、バレンタインやらクリスマス、デートなんかも全く縁がない人間でした。

それでも中学の時に初めて好きになった同級生がいて、数回話すだけだったけど、彼女と一緒に会話している時は、輝きを感じられる時間であったし、そうなると授業中も部活の時も彼女のことが頭から離れず、寝ても覚めても彼女のことで頭がいっぱいになります。
そんなに好きでどうしようもない状態でしたが、結局小心者のわたしは彼女に振られるのが怖くてまったく何も言えずに過ぎ去ったことを今でもしっかり覚えております。
今でも風の便りに彼女が結婚してすっかりいいお母さんをしているという話を聞くと、自分の中で少しジェラシーを感じる自分がいます。
そんなこんな感じの初恋ですが、よく言う甘酸っぱい感じという表現がぴったりの感じです。

寄せ上げで、育乳をサポートするナイトブラ

カテゴリー: 美容 タグ: パーマリンク